読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

穂高 boston-hotaka 帝国

ボストンテリア穂高とその帝国臣民の暮らしを

高尾山

2017年2月28日

せっかくの休みなのでちょっと遠出してみます

f:id:ohto0925:20170228140944j:image

犬との登山には賛否ありなのでなんとも言い難いし

ここで私見をたらたら述べたところで楽しくもないので割愛しておきます

とりあえず室堂や上高地のようなところはともかく高尾山なら問題ないだろうとの判断です

f:id:ohto0925:20170228185814j:image

【11:30】高尾山口駅

f:id:ohto0925:20170228185942j:image

1号路を使って登山開始

f:id:ohto0925:20170228190032j:image

石畳の快適な登山道

f:id:ohto0925:20170228190103j:image

平日とはいえ様々な年齢層様々な国籍の登山客に会いました

f:id:ohto0925:20170228190230j:image

おみやげ屋さんの前でちょっと休憩

給水タイム

f:id:ohto0925:20170228190322j:image

【12:00】山門をくぐります

f:id:ohto0925:20170228190424j:image

山門をくぐると階段が出現

写真では座っているけど臆することなく登っていきます

f:id:ohto0925:20170228190520j:image

ミシュラン三ツ星

あれ?

タイヤメーカーの販促ではじまったガイドブックじゃなかったのかな?

タイヤの販促目的なのに車で来れないミシュラン三ツ星?

と素朴な疑問を持ちつつも進んでいきます

f:id:ohto0925:20170228190944j:image

おみやげ屋さんの飼い犬とご対面

とりあえず犬連れ登山OKなのでしょう!

(ちなみに小屋で犬を飼っているからといって犬連れ登山がOKだという意味にはなりません農鳥小屋の甲斐犬のような例もあります)

三つ峠とかはどうなんでしょう?

f:id:ohto0925:20170228191052j:image

立派な門をくぐれば

f:id:ohto0925:20170228191115j:image

天狗ちゃん

鳶職連合會

名前がかっこいい

f:id:ohto0925:20170228191304j:image

日頃のトレーニングの成果か?

階段でバテることもなく

拒否することもなく

f:id:ohto0925:20170228191350j:image

【12:30】高尾山山頂に到着

f:id:ohto0925:20170228191445j:image

三角点と穂高

本人はなんだかわかっていない

f:id:ohto0925:20170228191523j:image

都内を一望

景観のために伐採がしてある山頂が多い高尾ー大月の山

(山の記事になるとなんかいちいちめんどくさい事を書きたくなる)

f:id:ohto0925:20170228191657j:image

帰りも疲れを見せることなく進んでいきます

f:id:ohto0925:20170228191744j:image

なんの花だろ?

写真を撮っている方がいたのでこの花の名前をたずねてみました

f:id:ohto0925:20170228192804j:image

「みつまた」だそうです

f:id:ohto0925:20170228192820j:image

和紙の原料のみつまたですね

はじめてみました

枝分かれするときに三又に分かれることが由来だそうです

写真だと花にピントが合っているので分かりづらいかもです

f:id:ohto0925:20170228193045j:image

給水をはさみながらも

f:id:ohto0925:20170228193118j:image

帰りはちょっとズルをしてリフトで帰りました

リフト上ではお散歩バッグの中でおとなしくしていました

f:id:ohto0925:20170228193128j:image

【13:30】無事下山

往復2時間の小登山でした

犬といっしょに登っている人もちらほら見ました

f:id:ohto0925:20170228193134j:image

天狗ちゃんと写真を撮ろうとしたけどさすがにマナー違反なので天狗ちゃんのみ

f:id:ohto0925:20170228193140j:image

さすがに疲れたのかおやすみに

 

次回は陣馬山へ縦走にチャレンジしてみよかと